村松いえ松村です。

人への伝え方、伝わり方、広報、ブランディング、健康、語学、ピアノ

外の言葉と内の言葉

こんにちはー

 

本日は僕が今読んでいる本にからめて少し。

 

最近伝えることって面白いなと感じ、

情報収集や発信を細々と続けているのですが、

自分の伝え方が悪いために、

伝わらない発信を続けているような気がしていました。

 

そして、たまたま取ってみた本なのですが、

それの最初の方を読んで、

あー、と気がつきました。

 

「言葉にできる」は武器になる。

「言葉にできる」は武器になる。

 

 この本なのですが、僕に刺さったのは、

言葉を伝えるための道具と思っていませんか?

という筆者の問いかけ。

 

まさに、その通りでした。

どうやって伝えるかの小手先の部分ばかり気にしていて、何を伝えるかにあまり注力できていませんでした。

 

発信内容が単純に深く、面白い、

自分の気持ちが乗ったものであれば、

伝え方に関わらず、届くべき人には届いていくのだろうなと思います。

 

ものが売れないのは単純にそれの質が誰も欲しいと思えるほどのものではないからで、情報も同じですね。

 

外に発信する言葉だけでなく、

内の思考用の言葉磨きをしないと、

この先先細ってしまいそうだなと感じたので、

土台作り注力していきたいです。

 

その方法もいくつか記載があるので、

今後も読むのが楽しみです。

 

 

 

では。