村松いえ松村です。

人への伝え方、伝わり方、広報、ブランディング、健康、語学、ピアノ

学生のうちは遊べ

こんばんはー

 

 

 

今日はよく社会人たちが言っているこのフレーズについて。

 

 

 

言っている人によって意味するところは違うのかと思いますが、

大体の場合「社会人になったら仕事ばっかりで、遊んでる時間がないから

時間のある今遊びたいだけ遊んどけ!」ということを伝えたいのかと思います。

 

 

 

 

 

何が正解かは人によるのでしょうが、半分あっているようで、半分違う気がします。

 

 

 

会っている半分とは、確かに社会人になれば

気まま勝手で行き当たりばったりなスケジュールは成り立たなくなります。

 

故に、大学生までのようなペースで遊ぼうとしても遊べないと思います。

 

 

 

賢く遊ぶというのでしょうか、自分が何をしたいか、それにはどれくらいの期間が必要なのかを考え、あらかじめ予定を空ける、空けてもらえるように周りに働きかけていくことが必要になるのではないでしょうか。

 

 

 

個人的には、遊ぶことが苦手で、

次々とやりたい事、面白そうなことを思いつける人は羨ましいですし、

どんどん遊ぶべきだと思います。

 

何でも楽しく遊べる人はすごいと思います。

新しい発想、着想が次々と浮かんできているわけですから。

 

 

 

ただ、仕事がつまらないから遊ぶことをその憂さ晴らしと考えている場合は、

その人のアドバイスは真に受けない方が良いかと。

至って無責任な人だと思うので。

 

 

 

 

 

発想が思い浮かんだ瞬間にメモすることの大事さを一日のうち何回も感じます。

それだけ、無駄にしてしまっているアイデアがあるという事ですが。

言語化、大事です。