村松いえ松村です。

人への伝え方、伝わり方、広報、ブランディング、健康、語学、ピアノ

Get out of your comfortable zone

こんばんはー

今日も暑かった。

 

日が一番照ってる時に整形外科に行くという

なんとも無計画な事をしてしまい、帰ったら体力が残ってませんでした。

 

診察の結果は、幸い骨に異常はなく、筋肉が痛んでるんだろうとの事でした。まあそんな簡単に骨に異常があったり、動けなくなるようなことはないですよね。

 

けれど、事実が分かっても、痛いという事実もまた変わらないわけで、医者はそこまで理解して説明する必要があるのでは、と思います。

 

忙しいから、はいはい何もないよー薬出すからこれ使っといてね、ばいならーだけでは患者は納得できない。そこは、忙しさを言い訳に自分の仕事をサボってるのではないかなと感じた診察でした。

とりあえず様子見ます。

 

 

 

と、話変わりまして本題へ。

 

今日のタイトルは、僕がサンディエゴで留学した時に初日のオリエンテーションで、留学担当の先生が言っていた言葉。

 

自分の落ち着ける環境から出ろ、新しい経験をしろと仰っていて、いよいよ始まる留学生活に期待して武者震いしたのを思い出します。

 

今でもこの考えって大事だよなーと思いつつ、ふと気がつくと慣れた環境に居座ってしまっている自分に気付き、自分を錆びさせないために常に動き回り、新しい経験をし続ける難しさを感じます。

 

新しいことをしているつもりでも、結局は自分の落ち着く範囲内で行っていることも多く、なかなか身の危険、不安を感じるくらいの環境まで自分を動かすのは骨が折れます。

 

最近一番不安だったのは、インターンで電話対応の練習をしたとき。誰でも出来るだろと思われるかもしれませんが、これが以外と私には負担に感じます。社員の方のスケジュールを確認し、いつ頃なら対応できるか、どうやって連絡すれば良いかなど、電話越しの相手を満足させると同時に、社員さんの負担にならないような選択をしなくてはいけない。

 

自分で自分の責任を持つのは問題ないけど、

他人の責任まで負うような気分がしてビビってるのかなと思います。

 

けど、これが出来るようになったら、小さいことではあるかもしれないけど度胸に繋がると思います。

 

恐らく、ちょっとうっとなったり、不安を感じるような環境にいれば、自分を動かして状況を変えようとするはずで、それが俗に言う成長へと繋がるのではないかと。

 

安心出来ない環境をもっと探さないと行けませんね。

 

では、今日はこの辺で。

 

 

 

感情が起こる瞬間

一週間お疲れ様でした。

 

最近は、何をどのように発信しようと考えているせいか、すぐに時間が経っていってしまいます。

 

・常にアンテナを高く張る

・五感から得られる情報を逃さない

が今後習慣化していければと思います。

だからこそ、

こうした場で積極的に発信し続けることが

大事なのかと思いますが。

 

ということで、今日は、

友人と話していて得た気付きについてです。

 

感情、喜怒哀楽ってある特定の出来事が直接的に作用して起こっていると考えるかもしれませんが、友人の一言ではっとしました。

 

「感情が起きた時、どういう状態だったの?」

 

つまり、一見何かが起こった、だからこの感情になったと捉えがちですが、様々な文脈が裏側にはあり、そういうコンディションのもとで、その出来事が起こったから、こういう感情を抱いたと考えるのです。

 

考えてみれば、確かにそうで、

色々なストレスが重なり、余裕のない状態で、ちょっと嫌な事を言われると、

普段なら真に受けず、笑って冗談にして返せるのに、ついカッとなってしまったり、

普段なら楽しめていることが、

あることで緊張していると、そればかりに気が行ってしまい、その場を全く楽しめなくなってしまったりすることがあると思います。

 

なので、自分のしたことで相手の感情が動いた場合、自分の言動だけに原因を求めるのではなく、相手の今置かれている状態を理解することも関係の質を高めていくために大事な要素かと思います。

 

言葉で分かっても、実際に行動のレベルにまで持っていくのは至難の技ですが、知らないよりも、知っている方がどこかで使える瞬間があるかもしれないという点ではやはり大事です。

 

明日は、ついにあばらを診察してもらいに行ってきます。

 

では良い週末を。

 

 

 

見返りを求めない

はい、こんばんは。

 

題名にもあるように、

最近見返りを求めない事について

よく考えてます。

 

ギブ&テイクが物事がうまく行く関係のような気もしますが、そのテイクがなくなっても自分はギブ出来るのか。

 

損得勘定抜きで、

自分はギブし続けることは出来るのか。

 

元々は与える事で他人が喜んでくれれば

それが自分にとっても幸せと思っていました。けれど、よくよく考えると、

それも十分見返りを求めていたのですね。

 

喜んでもらえる、つまり与えた人から

何らかの反応を得られることで、

自分も、効用を感じていた。

結局はテイクを欲していたんですね。

 

見返りを求めてしまうのは、

自分に勇気がないから、

与えても何も返ってこない、裏切られたりする時の事を恐れているから。

 

けど、その勇気を持てないようでは、

関係性はただの信用にとどまってしまい、

信頼にまでは至らない。

 

より深い関係にまで進められるのは、

傷つく事を恐れず進み続けられる人だけ。

 

どこまでも人を信頼できる、

そんな人になりたいですね。

 

 

ブログ始める

友人に唆され、言われるがままにブログをはじめてみることに。

 

とはいえ、文章を書く練習、自分の頭の中を整理するためにも、

発信していく場が欲しいと思っていたところなので、

丁度いい機会だと思い続けていきまする。

 

書く内容は、主に自分の考えること、経験したこと、読んだ本の感想等、

種々雑多に書きたいことを書きなぐる感じで、

「短い時間で、いかに面白く読み応えのある文章を書けるか!」を念頭に、

生産性を求めてやっていきたいと思うので、どうぞよろしくお願いしまーす。

 

ちなみに、最近あばら骨が痛く、

どれくらい痛いかというとくしゃみで激痛が走るレベル。

だらだらと痛みと共に生活が続いている今日この頃です。

リハビリブログにしようかな。

どなたかおすすめの整形外科(横浜、東京近辺)ございましたら、

教えてくださーい、ということで。